Pocket

ヒスタグロビン注射

ヒスタグロビンは国内のヒト献血血液から有効成分を抽出した薬です。アレルギーに対する治療法の一つで非特異的減感作療法と言われ、スギ花粉ダニ、ハウスダスト、アトピーといったすべてのアレルギー疾患から体質を改善する根本治療です。

アレルギー・花粉症の症状であるくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどは、アレルギー物質(スギ花粉・ダニ・ハウスダストなど)が引き金となり、体内からヒスタミンという物質が放出されることによって引き起こされます。アレルギー反応を抑制する生体物質であるヒスタグロビンを定期的に皮下注射することで、体内でアレルギー反応が起こり、ヒスタミンが生成されても抗体ができておりアレルギー反応を弱めることができます。季節性のアレルギーをお持ちの方を始め通年性のアレルギーをお持ちの方にも有効な治療法です。

効果
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど体内でアレルギー反応が起こってもヒスタミンに対する抵抗力をつける効果があります。ただし効果には個人差があり、治療した全ての方に同じ効果があるというわけではありません。

 副作用
眠気、めまい、頭痛、嘔吐といった副作用が、稀に起こることがあります。

安全性
特定生物由来製品(生物製剤)に分類されています。日本最高水準の安全対策がおこなわれており、昭和42年に国内で発売されて以来一度も感染症を引き起こしたことはない安全性の高いお薬ですが、完全に感染症を否定することはできません。そのためヒスタグロビン使用者は献血を控えてくださるようお願いいたします。

※下記に当てはまる方はヒスタグロビン注射を受けることができません。
・激しい喘息発作がある方。
・妊娠または妊娠の可能性のある方。
・生理直前・生理期間中の方。
・著しく衰弱している方。
・ヒスタグロビン注射で過去にアレルギーを起こしたことがある方。

喘息や女性の生理に関しては、ヒスタグロビン注射をすることによって症状を一時的に悪化させる可能性があります。女性にとっては妊娠の可能性や生理の周期などを考えてヒスタグロビン注射をするかどうか検討する必要があります。

治療期間、費用など 

治療期間・効果

ヒスタグロビン注射による非特異的減感作療法は、週1~2回程度の頻度で6回行います。
これによって3~4か月間全てのアレルギー反応を大幅に抑えることが期待できます。

注意点

・身体の状態、他の治療を受けられている場合など、本治療を受ける事が出来ない場合があります。事前にお問い合わせください。
・本治療は週に2回程度の間隔で6回続けることを1クールとし、1クールの期間来院して頂く必要があります。
1クールで十分に効果が現れない場合は更にもう1クールの注射を行います。

費用
ヒスタグロビン注射は保険が適用されます。

保険適応:初診では1170円程度、再診では710円程度です。薬が処方されたり、血液検査をした場合は別途費用がかかります。注射による治療。通常、本治療を6回行います。
※上記はあくまで一例です。治療内容、処方箋の有無によって料金は変動いたします。

access_map

sennro