忘年会や新年会、送別会などお酒を飲む機会はたくさんあります。

6f72fa723b9ff72d7dd9b274082eb971

そして飲みすぎて次の日がつらい…といった方も多いのではないでしょうか?実は漢方にもこの二日酔いを改善してくれる薬があるのです。

二日酔いの強い味方である漢方「五苓散」

11988484_769895813119190_5521218544884566557_n

「五苓散」ってどんな薬?

五苓散は「ごれいさん」と読み、余分な水分を排出する効果のある漢方です。飲む人の体力の差で使う漢方が違ってきたりしますが、この五苓散においてはあまり気にせずにどんな人も服用できることになっており、使いやすい漢方であるといえます。

漢方というのは色々な生薬が組み合わせて構成されており、五苓散においては以下のような生薬が含まれています。

  • 猪苓(ちょれい)
  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 白朮(びゃくじゅつ)もしくは蒼朮【そうじゅつ)
  • 沢瀉(たくしゃ)
  • 桂皮(けいひ)

猪苓を主とした5種類の生薬で構成されているため、五苓散と呼ばれています。

「五苓散」の効き目は?

五苓散は余分な水分を排出する利尿作用を持ち合わせています。

漢方では、飲み物などに含まれる水分を飲み吸収して体の中で必要な形にしてうるおしてくれるものを「水(すい)」と呼びますが、五苓散ではこの「水(すい)」が体内で過剰になっているときに、体の機能を高めて「水(すい)」を外に排出する効果を持っています。

そのため不要な水分が体内にたまっておこるむくみ・浮腫なども改善してくれるのです。

またこの過剰な「水(すい)」というのは浮腫以外にも様々な弊害を起こすため、以下のような症状にも五苓散には効果があります。

  • むくみ、浮腫
  • 口の渇き
  • 頭痛
  • 下痢
  • 悪心、嘔吐
  • 暑気あたり(夏バテ)
  • 二日酔い