自律神経の乱れは、スーパーライザーで調整できます。プラセンタ療法・漢方外来とあわせてお試し下さい。

samo030

●このようなところでも使われています
ペインクリニック、リハビリ科をはじめ最近では、スポーツ分野でもスーパーライザーが使われています。

アテネオリンピック、Jリーグ、プロ野球、ワールドカップサッカー、アジア大会でも使用されました。

300px-Athen_131

 当院では、近赤外線治療器(スーパーライザー)による治療を行っております。スーパーライザーは、温かい赤い光(近赤外線)で、痛みや障害のあるところの血行を改善し症状を暖和します。
また神経に直接作用し、ストレスなどでバランスを失った神経を平常な状態に戻し、多くの病気に効果を発揮します。

スーパーライザー

●星状神経節近傍照射療法
皆さんがストレスを受けると、自律神経の中の交感神経が興奮し血管を縮めます。血管が縮まると、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなり、様々な痛みや体の変調を訴えるようになります。このような症状を和らげる為に、喉の一カ所にスーパーライザーを照射する星状神経節近傍照射という治療法があります。この治療法は痛みがなく、安全で副作用もない治療法の一つです。

menu_syoujo03

●以下の症状でお悩みの方へ
スポーツ障害・ストレス自律神経失調症更年期障害・冷え性・頭痛・円形脱毛症顔面神経麻痺・顔面痛・頚部痛・こわばり・しびれ・ねちがい・肩こりムチウチ・五十肩・腰痛・関節痛・(手指・手・肘・肩・膝・足)など

ヘルニアなどの腰痛や、交通事故などによる頚部むち打ち症にもよく効きます!

スーパーライザーは、あたたかい赤い光(近赤外線)で障害のあるところの血行を改善し症状を緩和してくれます。また、神経に直接作用してストレスなどで緊張している神経を平常な状態にもどすことにより多くの病気に治療効果を発揮します。

《適応症》
頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、肩・腰・膝などの関節痛、手足の血行障害、顔面神経麻痺、各種疾患の疾痛、自律神経失調症、更年期障害、不眠、冷え性、便秘、皮膚潰瘍、帯状疱疹、湿疹、など。

《治療方法》
首・肩・腰など障害のあるところの神経に5~10分程度照射します。

照射による皮膚の刺激や痛み、
その他の副作用・合併症もありませんのでご安心下さい。

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

星状神経節ブロックの適応症

支配領域 帯状疱疹、反射性交感神経萎縮症(カウザルギー、幻肢痛、断端痛)
頭部疾患 末梢顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群、外傷性顔面神経麻痺)、
顔面痛(非定型顔面痛、**筋症候群、顎関節症)
眼疾患 網膜血管閉塞症、網膜色素変性症、視神経炎、角膜潰瘍、緑内障、
アレルギー性結膜炎、飛蚊症、眼精疲労
耳鼻科疾患 アレルギー性鼻炎、急性・慢性副鼻腔炎、突発性難聴、メニエール病、鼻閉症
口腔疾患 抜歯後痛、舌痛症、潰瘍性口内炎
上肢 上肢血行障害(レイノー症、レイノー症候群、急性動脈閉塞症、バージャー症)、 頸肩腕症候群、外傷性頸部症候群、胸郭出口症候群、肩関節周囲炎、
術後性浮腫(乳房切断後症候群)、骨折、テニス肘、腱鞘炎、頸椎症、
腕神経ニューロパチー、(外傷性、術後)、強皮症、関節炎、多汗症、凍傷、
凍瘡、肩こり
その他 痔核、便秘、不眠症、冷え性、自律神経失調症
「ペインクリニック 神経ブロック法」若杉文吉監修より