大阪、難波・日本橋・上本町から電車ですぐ!プラセンタ注射!

地下鉄千日前線「今里駅」4号 出口すぐのえびすクリニックでは、プラセンタ注射や高濃度ビタミンC点滴などによるお肌の 若返りを図るアインチエイジングを行っています。

hl_ope_placenta

大人気のプラセンタ注射

若返り・美肌、疲労回復・二日酔いにも!! 旅行前や遠出される前に!! (旅先や移動で疲れません)

img_01

プラセンタ注射は冷え性が解消したり、皮膚の再生サイクルが早くなり、みずみずしいお肌に。 プラセンタ注射は、自律神経の調整やアトピーやニキビの改善にもオススメです。 プラセンタ注射は、睡眠の質が上がったり、精神的にもすごく安定します。

大阪地域最安値を目指します。 プラセンタ注射
4A ¥2500 (おすすめ)
3A ¥2000 2A ¥1500 1A ¥1000

ec3c909f
各種メディアでも取り上げられています。

 

プラセンタとは
胎盤のことです。胎盤は胎児が育つのに必要な組織で、多くの栄養素が含まれています。 プラセンタは世界中で古くから滋養強壮・不老長寿に利用され、クレオパトラやマリー・アントワネットも若返りと美容のため使っていたと言われています。最近では、有名タレント・スポーツ選手などが多く取り入れています。プラセンタは新陳代謝を促進・自律神経やホルモンバランスを調整し、免疫力を高めます。

プラセンタ療法の使用例

美容 美白・そばかす・しみ・しわ・くすみ・肌荒れ・そばかす・皮膚の老化防止・コラーゲンの生成
医療 肝疾患・胃潰瘍・貧血・喘息・鼻炎・生理痛・更年期障害・関節痛 ・アトピー性皮膚炎・腰痛・肩こり・創傷治癒促進・自律神経失調症 ・滋養強壮・リウマチ・冷え性・疲労・虚弱 体質・風邪防止

プラセンタ注射の価格
プラセンタ注射は、更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害の病名の場合、保険適応です。 診察のうえ診断となりますので保険証を持参されますよう、よろしくお願いします。

プラセンタ注射 保険適応の場合 3割負担の方 (1アンプル)
初診 960円 再診 500円

プラセンタ注射 自費の方
4アンプル 2500円 (初診の方、効果を早く体感したい方にオススメです)
3アンプル 2000円 2アンプル 1500円

※入荷状況に応じて、プラセンタ注射のアンプル数もお一人様1アンプルもしくは2アンプルに制限させていただく場合がありえます。 ※当院のプラセンタ注射・プラセンタ点滴には日本生物製剤純正プラセンタ「ラエンネック」とメルスモン製薬純正プラセンタ「メルスモン」を使用しています。

 

内服(錠剤)のプラセンタもございます
jbp21486

 

美容鍼・美顔鍼!!
¥2800(web予約のみ)
プラセンタと併用がオススメ!!

大阪でリフトアップ・しわ・たるみ・美肌対策!!
16649162_1113592582082843_9097992432169114612_n

btn

 

monshin-title-main 初めて当院をご利用になる方は、あらかじめ問診票にご記入の上お持ち頂きますと、待ち時間の短縮になります。
問診票のダウンロード

 初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

 

更年期障害に有効なプラセンタ療法をご存知ですか?imgIndex1  

更年期障害に有効なプラセンタ療法をご存知ですか?
更年期チェックシート
簡略更年期指数(SMI)で自己チェックで自己チェックしてみましょう。 症状の程度に応じて、自分で〇をつけてから点数を入れ、その合計点をもとにチェックします。どれか1つの症状でも強くでれば「強」に、〇をしてください。 climacterium_img_02

更年期指数の自己採点の評価法 c3

更年期障害に対するプラセンタ療法の効果

更年期障害と言うのは、主に40代から50代の女性に起こる心身の不調、不定愁訴です。 不定愁訴(ふていしゅうそ)というとあまり聞きなれない言葉だと思いますが、要は自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れてしまうことで、身体や心のバランスが崩れてしまうことです。 更年期障害の症状には、頭痛やめまい、イラつきや不安感、肩こりや腰痛、ほてりやのぼせといったホットフラッシュなど実にさまざまなものがあり、中には日常生活に支障をきたすほど重く辛い症状が現れることがあります。 この更年期障害を引き起こす原因になるのが加齢による卵巣機能の低下です。卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。さらに、同じ視床下部から命令がでている自律神経にもホルモンバランスの変動が影響を及ぼすため自律神経を乱す原因になります。 女性ホルモンの減少+自律神経失調症=更年期障害というわけです。
 
 
disorders_img02
 
女性なら程度の差はあれど、誰もが経験するこの更年期障害ですが、その辛い症状の緩和や軽減に効果を発揮するのがプラセンタを用いたプラセンタ療法です。 具体的に、更年期障害に対するプラセンタ療法がどんなものかというと、メルスモンと呼ばれる更年期障害用といってもいいヒト由来のプラセンタを皮下あるいは筋肉に注射するというのが一般的です。
 
 
kounenki
 
メルスモンはプランセンタエキスの一つで、加齢によって低下した卵巣の働きを活性化してくれる効果があります。卵巣の働きが活発になり、女性ホルモンのバランスの乱れが整うと同時に自律神経も整うので、心身の不調、不定愁訴も改善することができます。 ● ホルモンを調整する内分泌作用 ● 自律神経の調整作用 この2つの作用がプラセンタにはあるので更年期障害の治療に用いられる理由です。 更年期障害の治療にプラセンタ療法を行う場合は保険が適用されます。 週1、2回の注射によるプラセンタの投与を3か月を目安に続けていくことになります。 プラセンタ注射 保険適応の場合 3割負担の方 (1アンプル) 初診 960円 再診 500円 投与するプラセンタの量を増やしたり、減らしたりというのは医師と相談しながら決めることになります。プラセンタ療法はホルモン補充療法や漢方薬といった他の更年期障害の治療と併用できる便利なものです。
 
 
更年期障害の症状がある場合は、プラセンタ注射スーパーライザーとの併用がオススメです!
スーパーライザー
 
初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら
 
access_map