えびすクリニック

クリニック紹介

  • HOME>
  • クリニック紹介
基本情報

基本情報

クリニック名えびすクリニック
院長阪本 憲彦
診療科目内科、小児科、循環器内科、糖尿病内科、腎臓内科、リハビリテーション(スポーツケア)、訪問診療、ダイエット外来(睡眠時無呼吸症候群)、禁煙外来、ED・AGA(男性型脱毛症)・特定健診、アンチエイジング、スーパーライザー(近赤外線治療器)
住所〒537-0013 大阪府大阪市東成区大今里南1-1-23 ノアーズアーク今里駅前103
TEL06-6224-3114
診療時間

診療時間

診療時間日・祝
8:45~12:30
16:00~19:00

※表は左右にスクロールして確認することができます。

休診日

水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

アクセス

最寄り駅

大阪メトロ千日前線・今里筋線「今里駅」4号出口より今里筋を南へすぐ

アクセス案内

大阪メトロ千日前線「なんば駅」から約8分
大阪メトロ千日前線「谷町九丁目」から約4分

バスでお越しの方

大阪市営バス「地下鉄今里」停留所下車すぐ

お車でお越しの方

「今里ロータリー」南東角すぐ

アクセス

当クリニックの特徴

クリニック紹介ページはこちら

当クリニックの特徴
循環器・糖尿病・腎臓内科の3つ内科が受診できます

えびすクリニックでは豊富な臨床経験と幅広い知識により、循環器内科、糖尿病内科、腎臓内科の治療が同時に受けられます。

ガイドラインに基づいて適切に治療します

ガイドラインに基づいた治療を行って、お越しになられた患者様へ効果的かつ安全な医療をご提供いたします。

漢方薬も治療に取り入れています

漢方薬は様々な症状に対応し、西洋薬と比べてお体に合えば長期的に服用しても非常にトラブルの少ない、お体に優しいお薬です。
病気の急性期にはまず西洋薬を処方し、徐々に漢方薬へシフトして行くことが多いのですが、その過程で患者様と目線を合わせてじっくりとお話を聞かせていただくことが非常に重要と考えております。
西洋薬での治療に不満や不安のある方、漢方治療に興味のある方は是非一度ご来院ください。

漢方

葛根湯(カッコントウ)

防風通聖散:便秘解消・ダイエット:漢方

二日酔いやムクミが気になる方へ。漢方薬・五苓散

冷え性の方へ~しもやけ

こむら返り・手足のつり・マラソンにも

院内紹介

受付

受付

ご来院されたらまずは受付へお越しください。初診の際は健康保険証(毎月確認させていただきます)、他の医療機関での検査結果、紹介状、お薬手帳(またはお薬自体)などをご持参ください。

待合室

待合室

落ち着いた雰囲気の広々とした待合室です。診療の時間が来るまでリラックスしてお過ごしください。

診察室

診察室

自分の家族を診るような気持ちで、親身にお悩みをおうかがいいたします。完全個室でプライバシーが守られていますので、安心して何でもご相談ください。

検査室

検査室

こちらで血液検査やエコー検査(超音波検査)、心電図検査などの各種検査を実施いたします。

リハビリテーション室

こちらでスーパーライザー(近赤外線治療器)による疼痛緩和、交通事故後の症状・怪我の改善、鍼灸治療、スポーツケアなどの各種リハビリを実施いたします。

レントゲン室

デジタルレントゲンシステムを導入していて、胸部や腹部などのレントゲン撮影を行い、お体に異常がないか確認いたします。撮影した画像はすぐにご覧いただけます。

処置室

処置室

こちらで点滴などの各種処置を実施いたします。

設備紹介

レントゲン

従来よりも被ばく線量が少ないデジタルレントゲンシステムです。短時間で撮影・現像が行えるので、患者様の待ち時間の短縮に繋がります。

エコー(超音波診断装置)

人間の耳では感知できない高周波の超音波を使って、体内の異常の有無を調べる装置です。被ばくや痛みなど、お体への負担がないので繰り返し検査を受けていただけます。

心電計(安静時12誘導)

心臓が活動時に発する微弱な電気の流れを記録する装置です。狭心症や不整脈の診断などに役立ちます。

血圧脈波検査装置

手足の血圧を測定して、動脈の硬さや詰まり具合などを測定する装置です。動脈硬化の程度、血管の狭窄の有無などが確認できます。

スーパーライザー(近赤外線治療器)

首の星状神経節に近赤外線を照射して刺激することで、交感神経の緊張を緩和させて、痛みの緩和や自律神経の調整などをはかります。整形外科にて行われる、「星状神経節ブロック」というブロック注射の約6割の効果が期待できるとされています。

06-6224-3114

事前予約