えびすクリニック

内科・小児科

  • HOME>
  • 内科・小児科

内科

内科疾患は当クリニックにお任せください!

内科疾患は当クリニックにお任せください!

大阪市東成区のえびすクリニックは、循環器内科疾患を中心に臨床経験を積み、循環器病疾患、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、腎臓病などの治療を得意としておりますが、内科の治療だけでなく腰痛・肩こりや美容鍼・美顔鍼、ダイエット肥満治療、生活習慣病の予防にも力を入れております。その他、どんな病気のことでもご相談していただけたらと思います。

こんな症状はありませんか?

  • 発熱、咳、くしゃみ、鼻水、喉の痛みなどの風邪の症状がある
  • 吐き気がする
  • 胃がむかむかする
  • 下痢
  • 関節痛
  • 最近、体重が増えてきた
  • 糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が心配
  • コレステロール値が高い
  • 尿酸値が高い
  • 花粉症で困っている

など

気になる症状がありましたら、そのままにせずにお早めに大阪市東成区のえびすクリニックへご相談ください、内科医として、特定の病気だけでなくその方の全身を診て、適切な治療方針をご提案いたします。

熱、咳、鼻水などの風邪の症状がある方へ

風邪の症状でお困りの方は、お早めにご相談ください。「ただの風邪」と思われていたものが、詳しく検査してみたところインフルエンザだったということもありますので、軽くお考えにならずに一度受診されることをおすすめします。

風邪の症状
  • 発熱(38℃まで)
  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 喉の痛み

など

インフルエンザの症状
  • 高熱(38℃以上)※高熱が出ない方もおられます
  • 全身の倦怠感
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 悪寒
  • 鼻水
  • 下痢
  • 嘔吐

など

風邪(かぜ)、咳(せき)、熱、鼻水、のど

インフルエンザの検査・治療

当クリニックで、お子様から大人の方まで、インフルエンザの検査・治療が受けられます。
小さなお子様やご高齢の方、免疫力が低下している方などがインフルエンザにかかると重症化してしまうことがありますので、流行時期はもちろん、日頃から手洗い・マスクの着用・咳エチケットなどを心がけて、インフルエンザにかからないように、またうつさないようにしましょう。

インフルエンザの点滴治療薬「ラピアクタ」

「ラピアクタ」の一番のメリットは、これまで飲み薬や吸入薬での治療が困難だった方も投与できる点です。例えば、自分でなかなか吸入することができない10歳未満のお子様や、口からの投与が難しい病状が重篤な方でも、点滴なので問題ありません。
さらにタミフルとラピアクタの解熱効果を比較したところ、ラピアクタの方が早く効果が出たという報告も発表されています。
また1回の点滴で済むため、飲み忘れなどの心配がないという点や、即効性に優れているため、症状を早く取り除きたい場合や、職場や学校に1日でも早く復帰したいという人にはおすすめの薬です。

※抗インフルエンザ薬は、インフルエンザが発症してから48時間以内に服用する必要がありますので、症状が出たらすぐに診察を受けることをおすすめします

インフルエンザ「検査」と「治療」

インフルエンザ予防接種

【訪問・出張】インフルエンザ予防接種

吐き気がある方

吐き気の症状の方は無理せずに、水分補給を十分にして、できるだけ早めに受診してください。

はき気、胃のむかむか/(嘔吐・下痢)感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎

花粉症でお困りの方

えびすクリニックでは花粉症でお困りの方のために、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、漢方薬など各種お薬を処方しております。「つらい花粉症を何とかしたい」という方はお気軽にご相談ください。

花粉症(アレルギー、ハウスダスト、アトピー)

尿酸値が気になる方へ

尿酸値が高いことを「高尿酸血症」と言い、これが長期間続くと「痛風」になり、主に足の親指やくるぶしなどで激しい痛みが起こるようになります。
耐え難い痛みのために、日常生活に支障を来すようになることもあり、また放置すると再発を繰り返したり、症状が現れる間隔が短くなったりする場合がありますので、そのままにせずにきちんと治療を受けるようにしましょう

尿酸値が高いといわれたら?痛風?

コレステロール値が気になる方

コレステロール値の異常を放っておくと、動脈硬化を進めて、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがあります。その結果、命を落としてしまうこともありますので、ご自身のコレステロール値を把握して動脈硬化の予防に努めるようにしましょう。

コレステロール

生活習慣病が気になる方

糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病は、血管に負担をかけて動脈硬化を促進します。動脈硬化が進むと狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの大きな病気を招く場合がありますので、生活習慣病が不安な方は早めに病院を受診して、適切な治療を開始するようにしましょう。

生活習慣病

予防接種

成人のMR(麻しん風しん混合)ワクチン

近年、成人の方の間で麻しん・風しんが流行しています。成人の方が麻しん・風しんにかかると重症化するケースが多く、特に妊娠初期の妊婦の方がかかると、胎盤を介してお腹の中の赤ちゃんに風しんウイルスが感染して、「先天性風しん症候群」という病気を引き起こす恐れがありますので、成人の方も積極的にワクチンを接種してきちんと予防するようにしましょう。

MR(麻しん風しん混合)ワクチン

大人の帯状疱疹の予防(ワクチン接種)

当クリニックで大人の方の帯状疱疹の予防のためのワクチン接種が受けられます。予約制となりますので、ご希望の方はお電話でご予約いただくか、受付へ直接お申し出ください。

大人の帯状疱疹の予防(ワクチン接種)

高齢者の肺炎球菌ワクチン

65歳以上のご高齢の方の肺炎球菌ワクチンの接種を行っております。肺炎は日本人の死因第3位とされていて、特にご高齢の方は重篤化しやすいとされていますので、ご本人はもちろん、まわりのご家族に65歳以上の方がおられる方は、気にかけていただけますようお願いいたします。

65歳から肺炎予防 肺炎球菌感染症の定期接種

爪水虫の治療薬「クレナフィン」

爪水虫でお困りではありませんか?

爪水虫はかつて非常に治りにくい病気とされていましたが、今では新しいお薬が登場して、根気よく治療を継続すれば治すことが可能です。
当クリニックでは、爪水虫の治療薬「クレナフィン」を処方しております。

爪水虫(爪白癬)

小児科

予防接種スケジュール

予防接種スケジュール

VPD(Vaccine Preventable Diseases)とは「ワクチンで予防可能な病気」のことです。VPDの中には命に関わる重大な病気もありますので、きちんと予防接種を受けてVPDからお子様を守るようにしましょう。
ただ、色々なワクチンがあり、また接種するタイミングや回数が異なるため、「いつ、どのワクチンを接種すればいいの?」とわからない方も多いと思いますので、お気軽に当クリニックへご連絡ください。
ベストなタイミングで接種できるように、予防接種のスケジュールを詳しくご説明させていただきます。

(※お子様の予防接種について詳しくはこちら

06-6224-3114

事前予約