ED・AGA(男性型脱毛症)育毛

  • HOME>
  • ED・AGA(男性型脱毛症)育毛

ED治療薬

持ち運びに便利。財布に収納できます。
バイアグラODフイルムはこちらをご覧ください。

viagra_film1

ED治療薬は数種類あります。

EDで悩まない!EDは治療できます!お気軽にご相談下さい。

photo_01

EDとは、Erectile Dysfunction の頭文字をとった略語で、男性の陰茎の勃起障害(ぼっきしょうがい)のことであり、性交時に勃起できない。または勃起しても持続しないために満足な性交ができない症状であり、現在日本では ED に悩む人は 1,000 万人以上とも言われています。

EDは、ストレスなどの”精神的なもの”と思っている方は案外多いものです。たしかに精神的、心理的な原因もありますが、その他にも糖尿病、高血圧症、喫煙、飲酒など、好ましくない生活習慣から、EDが起こることがあります

たとえば、糖尿病になると、血管や神経が障害されるため、血管が硬くなったり、性的刺激による血管の拡張が起こらなかったりして、血流を抑えると考えられています。糖尿病の患者さんが抱く日常生活の悩みとしてEDや性欲低下を挙げる方が多いと言われます。

また、高血圧症では、血圧が高くなると、血管にストレスがかかるため、血管が損傷して硬く狭まります。これによって、ペニスの血流を抑えてしまうと考えられています。

生活習慣病は、年々増えています。高血圧症の患者さんは3,400万人、糖尿病の患者さんは690万人もいると言われます。ですから、高血圧症や糖尿病患者さんと同じように、EDの患者さんもたくさんいることになります。

EDの治療
photo_01

EDの原因にかかわらず、大部分のEDは治療可能です。治療法の第一歩は、高血圧症、糖尿病、喫煙や高コレステロール値などの生活習慣病の関連因子を取り除くことです。

それ以外に、あなたと医師の間でEDの治療について話し合い、適切な指導のもとで治療法を選択することになります。問診や健康チェックで問題がなければ、心因性か器質性かにかかわらず診断的治療として、まず経口薬の効果で評価するのが最近の傾向です。

Fotolia_62585921_XS

いろいろな作用を持つ薬剤が開発中ですが、現在使用できる医療用医薬品による経口治療では、陰茎の血管拡張を起こす化学物質の急速な分解を阻害することにより、身体の信号伝達経路に作用し、勃起を自然に起こすことができます。この薬剤自体は心臓に悪い影響は与えないと考えられています。しかし、ニトログリセリンまたは硝酸剤による治療を受けている、または必要としている男性は服用できません。

AGA(男性型脱毛症)

 薄毛育毛治療

薄毛治療の100日分セット
ミノキシジル+フィナステリド

・脱毛を止める役割
・髪を生やす役割
・今ある髪を良い髪に保つ役割

¥11000(税込)

AGAってなに?

AGAってなに?AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。 成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。 一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAの進行パターン

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGAの進行パターン

薄毛になってしまうヘアサイクルのしくみ

薄毛になってしまうヘアサイクルのしくみ

図のように髪の毛の状態は、成長期・退行期・休止期のいずれかですが、頭皮が薄くなるということは正常なヘアサイクルではありません。 成長期の期間が正常よりも短く髪の毛が成長する前に抜けてしまい、まだ新しい髪の毛も生えていないことにより薄毛が進行していきます。また、ホルモンバランスの乱れによっても薄毛が進行してしまいます。

男性AGA治療のポイント

男性AGA治療のポイント

男性AGA治療のポイント

あなたが求めるものが明確にしてから、あなたにあったAGA治療を行う専門医療機関を探してください。

発毛をのぞむ
現状維持をのぞむ

表で見るAGA専門外来と一般治療の比較

専門外来の発毛治療一般の頭髪治療
目的発毛(毛髪密度増量)男性型脱毛症進行遅延(現状維持)
検査あり(初回・6ヵ月ごと)
[検査]採血・血圧測定など
なし(一部医療機関は実施)
診察あり(1回/月)
医師による「問診」「視診」「触診」
なし
触診や頭部撮影等は無い場合が多い
効果測定あり(来院時 経過撮影)なし
頭部撮影(経過写真)等は無い場合が多い
通院頻度1回/月3ヵ月〜6ヵ月
処方薬内服薬
ミノキシジル
抗炎症剤
ビタミン類
内服薬単剤
費用30,000円前後
※別途消費税がかかります
※診療内容により若干変動がございます
9,000円〜15,000円
(税込9,720〜16,200円)
メリット•検査有り(安心・安全)
•診察有り(専門の医師が診断)
•内外治療(内服薬・外用薬)
•効果測定(経過写真)
•著明改善(発毛効果)
•費用が安価
デメリット•費用が割高•検査無しの場合が多く、身体状況が把握できない
•触診・頭部撮影等は無い場合が多い
•単剤処方
•脱毛症進行遅延目的
•効果判定は困難(経過写真無し)

髪のお悩みは1人では解決できません。

髪の悩みは個人個人で違います。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。 ご自分で判断せず、薄毛が気になりだしたら当院にご相談ください。 AGAは早目の治療が効果的です。

身体の事で、何か心配事がありましたら、お気軽にご相談下さい。

06-6224-3114

事前予約