えびすクリニック

GLP-1ダイエット

  • HOME>
  • GLP-1ダイエット

在庫:少なくなってます

痩せるホルモン、「GLP-1」とは?

GLP-1とは、人の小腸から分泌されるホルモンの1つです。

GLP-1の分泌量が少ない人

食事の消化・吸収が早く、なかなか満腹感を得られず、多く食事を摂取してしまう傾向にあるため、太りやすいと言えます。

GLP-1の分泌量が多い人

胃腸での食事の消化・吸収が穏やかであるため、食事量が少なくても満腹感を得やすく、食欲も出にくいという特徴があります。そのためGLP-1は「痩せるホルモン」とも呼ばれ、アメリカやヨーロッパでは、肥満治療として承認されています。

GLP-1製剤、「サクセンダ」とは?

GLP-1ダイエットの特徴

自然に食欲が抑えられる

GLP-1には、脳の食欲にかかわる器官に直接作用する効果があります。GLP-1を投与することで、無理なく自然に食事の量をコントロールすることができます。

健康的にダイエットを続けられる

無理な食事制限やダイエットは、体や心に負担をかけてしまい、健康を害するケースがあります。GLP-1ダイエットは、自然に食事量を抑えて無理なく健康的なダイエットが可能です。

痩せている人のホルモン状態に近づける

肥満の方は、痩せている人に比べてGLP-1ホルモンが少ないため、食欲が抑えられず食事量が増えることで体重が増加していきます。体内のGLP-1を増やしてあげることで、痩せている人の体内ホルモンに近い状態で無理なく健康的に体重を減らしていくことができます。

世界で認められた安全性

GLP-1製剤はアメリカのFDA(食品医薬品局)、欧州連合(EU)加盟28か国で承認されている肥満治療製剤で、既にGLP-1を用いた減量法が肥満治療のスタンダードとなっています。 日本では、2010年より2型糖尿病の治療薬として承認され、臨床で使用されていますが、ダイエット目的としては自費診療になります。 もともとは糖尿病のお薬ですが、単独では低血糖を起こしにくい薬剤です。

耐性や依存が起こりにくい

これまでの抗肥満薬(例:サノレックス)は依存性や耐性の問題から、治療期間が3ヶ月などに制限されていました。 GLP-1製剤は耐性が起こりにくく、他の抗肥満薬と比較しても安全性が高いことが特徴です。

副作用、合併症について

必ず医師の指示に基づいて、使用量を守ってください。 嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感などを感じることがあります。 吐き気は約40%の頻度で認められます。サクセンダを始めた初期に起こりやすく、体が薬に慣れてくると次第になくなっていきます。

主な副作用

悪心、嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感
重篤な副作用
胃腸障害、低血糖(糖尿病患者)、頻脈、甲状腺疾患、胆石症·胆嚢炎(激しい腹痛、背部痛、幅吐、発熱など)、 急性腎不全、 アナフィラキシーショック、腸閉塞 、うつ

サクセンダ(GLP-1注射)料金表

1本 ¥19,800

※ 別途費用がかかります
初診:¥3000 再診:¥1500
採血:¥5500
尿検査:¥350

針と消毒が必要になります(初回無料)

針 :14本 ¥700  70本 ¥3500
消毒:14枚 ¥250 100枚 ¥1500

よくある質問

サクセンダは1本で何日分ですか?

サクセンダは1本あたり18mgですので、毎日0.6mg投与で30日分、毎日1.2mg投与で15日分、毎日1.8mg投与で10日分、毎日2.4mg投与で7.5日分、毎日3.0mg投与で6日分となりますが、1.2mg〜1.8mgの投与量で、結果が出ることが多いです。

クレジットカードは使えますか?

お支払いは現金のみとなっています。

治療の際、痛みはありますか?

とても細い針を使っているので、痛みはほとんどありません。

GLP-1のみの場合

予約はいりません

※通常のダイエット外来の場合は予約制になります。
通常のダイエット外来はこちら

難波・日本橋・上本町から電車ですぐ!

「なんば」から地下鉄で約8分!
大阪市営地下鉄千日前線「今里」駅
大阪市営地下鉄今里筋線「今里」駅
4号出口からすぐです。

sennro

access_map

密閉を避けるために裏と表の出入り口を開けた状態にしてあります。

コロナ太りを解消し、ついでにあの頃のスタイルに戻しておきましょう!

夏はすぐそこです!

06-6224-3114

事前予約