副作用のない新しいがん治療「高濃度ビタミンC点滴療法」

今、副作用のない「がんの治療法」として特に注目されていて、米国やカナダでは多くの医師がこの治療を導入し、大きな成果を上げています。

key_blemishinjection

ビタミンCの抗がん作用

ビタミンCの血中濃度が高くなると、血液中の鉄分とフェントン反応を起こして過酸化水素となり、全身の毛細血管から体内に出ていきます。正常細胞はカタラーゼという酵素が過酸化水素を中和するので影響をまったく受けません。

一方、がん細胞はこのような要素を欠乏するため、すぐに過酸化水素に反応しダメージを受けて破壊されてしまいます。 すなわち、ビタミンCは高濃度になると栄養素ではなく抗がん剤として働くのです。

また、ビタミンCは本来の大きな抗酸化力でミトコンドリアの機能を正常化し、免疫システムを刺激(インターフェロンの産生、マクロファージの食作用の亢進、NK細胞数の増加と遊走能の亢進)、P53遺伝子を安定化、P53遺伝子の障害を抑制し、化学療法や放射線あるいは高濃度ビタミンCによるpro-oxident効果によって引き起こされる突然変異を予防します。

すなわち、ビタミンCはがんの化学療法剤でありながら免疫力を高め、大きな抗酸化作用で副作用や体調の改善をするという、これまでにない理想の化学療法であるわけです。

高濃度ビタミンC点滴の特徴

  • 安全性が極めて高く、副作用も危険なものはほとんどといってない
  • 免疫力を上げるので、風邪など引きにくく、がん患者の感染症を防ぐことが大いに期待される
  • コラーゲンを増殖させるのでがん細胞をコラーゲンというカプセルで包んで、増殖と転移を防ぐ
  • ビタミンCは抗酸化ビタミンですから、血清濃度が低い間は活性酸素を中和し、これが抗がん剤の副作用を改善する
  • QOL(生活の質)の改善

ビタミンCは、体の汚染物質を尿から排泄する力が強いこと(キレート効果)が様々な研究で明らかにされています。また、がんが進行すると、かなりの確率で痛みが出てきますが、不思議なことに高濃度ビタミンC点滴をしているといつの間にか痛みが取れてきます。

さらにはQOL(生活の質)を改善するので、食欲が出てきたり、活力が出てきます。

この治療が適している方

  1. 標準的がん治療が無効の方
  2. 標準的がん治療の効果をより確実にしたい方
  3. 標準的がん治療の副作用を少なくしたい方
  4. 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させたい方
  5. 代替治療を希望する方
  • 有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。
  • 心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来たす恐れがあるため少量から慎重に点滴を始め、改善をみながら徐々に増量していきます。
  • 透析中の腎不全の方はこの治療を受けることが出来ません。
 

自由診療となります。(健康保険適応外です。)

※初回血液検査が必要になります
¥5500
G6PD(グルコース6リン酸脱水素酵素)欠損症があると、高濃度ビタミンC点滴注射により重症の溶血性貧血をおこす危険性があります。そのため、治療開始前にG6PD欠損症がないか血液検査で確認させていただきます。結果は3~5日くらいかかります。