同年代でも、綺麗に見える人や、若々しく見える人の秘訣

同年代でも、綺麗に見える人や、若々しく見える人の秘訣

img_01

プラセンタをご存知でしょうか?

プラセンタとは 胎盤のことです。胎盤は胎児が育つのに必要な組織で、多くの栄養素が含まれています。 プラセンタは世界中で古くから滋養強壮・不老長寿に利用され、クレオパトラやマリー・アントワネットも若返りと美容のため使っていたと言われています。最近では、有名タレント・スポーツ選手などが多く取り入れています。プラセンタは新陳代謝を促進・自律神経やホルモンバランスを調整し、免疫力を高めます。

大人気のプラセンタ注射

若返り・美肌、疲労回復・二日酔いにも!! 旅行前や遠出される前に!! (旅先や移動で疲れません)

プラセンタ注射は冷え性が解消したり、皮膚の再生サイクルが早くなり、みずみずしいお肌に。 プラセンタ注射は、自律神経の調整やアトピーやニキビの改善にもオススメです。 プラセンタ注射は、睡眠の質が上がったり、精神的にもすごく安定します。

地域最安値を目指します。 プラセンタ注射
4A ¥2500 (おすすめ) 3A ¥2000 2A ¥1500 1A ¥1000


6f72fa723b9ff72d7dd9b274082eb971

忘年会シーズン!飲みすぎ二日酔い対策は

6f72fa723b9ff72d7dd9b274082eb971

12月も半ばになり、忘年会シーズン真っ最中。
ついつい飲みすぎて、二日酔いになる事も。。。

tubo03_001

二日酔いってどんなもの?

アルコールを取り過ぎた時に、吐き気、嘔吐、頭痛、倦怠感などが起こる二日酔い。皆様も、一度は経験したことのある方も多いのではないでしょうか?

二日酔いの原因

・アルコールの利尿作用によって、体の水分が失われて脱水症状となり、吐き気が起こります。

・アルコールの作用によって頭の血管が拡張し、それが頭痛となります。

・アルコールが胃粘膜を刺激することで、胃酸過多となり胃腸障害が起こります。

肝臓での分解作用が追い付かなくなり、体に有害となってしまうアセトアルデヒドが増え、二日酔いの症状を起こします。

120898

 

しっかり予防したい人には注射・点滴がおすすめ!

もっと二日酔い予防を徹底しておきたいなら、二日酔い対策の注射・点滴がおすすめです。

グルタチオンやグリチルリチンなど、肝臓の機能を高める成分を血管から直接取り入れることで、肝臓の代謝を良くし、アルコールの分解を促進してくれます。その結果、二日酔いになりにくくなるので、お酒を飲む前に点滴するのがおすすめです。

77d102c49a21ea9a93a6a2ab02c06771_s

二日酔いになってしまった人にも効果があるので、酔いになってしまってから点滴するのも早期回復につながります。

二日酔いになったら、我慢せずに、早めに受診して下さいね!

 

access_map

 


大人気のプラセンタ注射

大人気のプラセンタ注射。

疲労回復・二日酔いにも!!
旅行前や遠出される前に(旅先や移動で疲れません)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地域最安値を目指します。
4A ¥2500  3A ¥2000  2A ¥1500 1A ¥1000

冷え性が解消したり、皮膚の再生サイクルが早くなり、みずみずしいお肌に。
自律神経の調整やアトピーやニキビの改善にも。
睡眠の質が上がったり、精神的にもすごく安定します。

 

プラセンタとは
胎盤のことです。胎盤は胎児が育つのに必要な組織で、多くの栄養素が含まれています。
プラセンタは世界中で古くから滋養強壮・不老長寿に利用され、クレオパトラやマリー・アントワネットも若返りと美容のため使っていたと言われています。最近では、有名タレント・スポーツ選手などが多く取り入れています。プラセンタは新陳代謝を促進・自律神経やホルモンバランスを調整し、免疫力を高めます。

プラセンタ療法の使用例

美容 美白・そばかす・しみ・しわ・くすみ・肌荒れ・そばかす・皮膚の老化防止・コラーゲンの生成
医療 肝疾患・胃潰瘍・貧血・喘息・鼻炎・生理痛・更年期障害・関節痛 ・アトピー性皮膚炎・腰痛・肩こり・創傷治癒促進・自律神経失調症 ・滋養強壮・リウマチ・冷え性・疲労・虚弱 体質・風邪防止

 

更年期障害に対するプラセンタ療法の効果

更年期障害と言うのは、主に40代から50代の女性に起こる心身の不調、不定愁訴です。

不定愁訴(ふていしゅうそ)というとあまり聞きなれない言葉だと思いますが、要は自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れてしまうことで、身体や心のバランスが崩れてしまうことです。

更年期障害の症状には、頭痛やめまい、イラつきや不安感、肩こりや腰痛、ほてりやのぼせといったホットフラッシュなど実にさまざまなものがあり、中には日常生活に支障をきたすほど重く辛い症状が現れることがあります。

この更年期障害を引き起こす原因になるのが加齢による卵巣機能の低下です。卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。さらに、同じ視床下部から命令がでている自律神経にもホルモンバランスの変動が影響を及ぼすため自律神経を乱す原因になります。

女性ホルモンの減少+自律神経失調症=更年期障害というわけです。

女性なら程度の差はあれど、誰もが経験するこの更年期障害ですが、その辛い症状の緩和や軽減に効果を発揮するのがプラセンタを用いたプラセンタ療法です。

具体的に、更年期障害に対するプラセンタ療法がどんなものかというと、メルスモンと呼ばれる更年期障害用といってもいいヒト由来のプラセンタを皮下あるいは筋肉に注射するというのが一般的です。

メルスモンはプランセンタエキスの一つで、加齢によって低下した卵巣の働きを活性化してくれる効果があります。卵巣の働きが活発になり、女性ホルモンのバランスの乱れが整うと同時に自律神経も整うので、心身の不調、不定愁訴も改善することができます。

● ホルモンを調整する内分泌作用
● 自律神経の調整作用

この2つの作用がプラセンタにはあるので更年期障害の治療に用いられる理由です。

更年期障害の治療にプラセンタ療法を行う場合は保険が適用されます。

治療費や治療期間の目安ですが、保険適用の場合、1アンプルあたり500円程度、週1、2回の注射によるプラセンタの投与を3か月を目安に続けていくことになります。

投与するプラセンタの量を増やしたり、減らしたりというのは医師と相談しながら決めることになります。プラセンタ療法はホルモン補充療法や漢方薬といった他の更年期障害の治療と併用できる便利なものです。