内科・小児科

くしゃみ、鼻水、咽頭痛、咳、痰、嘔吐、吐き気、下痢、発熱、関節痛などの症状から、メタボリック症候群・高血圧・高脂血症・糖尿病・高尿酸血症などの生活習慣病、慢性疾患まで内科全般の診断、治療を行っております。内科医として、全身を正確に把握して適切な治療方針を決定していきます。

photo_01

吐き気の症状の方も増えています。
水分補給を十分にして、できるだけ早めに受診してください。


風邪(かぜ)、咳(せき)、熱、鼻水
btn

access_map

 

 

当院では、子供~大人まで、インフルエンザの検査と治療が行えます。
インフルエンザは、小児や高齢者、免疫の低下している人がかかると、重症化する恐れがあります。
 かからない、うつさないために、日ごろからしっかりと手を洗い、マスクの着用やせきエチケットなどを心がけましょう!

インフルエンザの治療薬として点滴(ラピアクタ)
ラピアクタの一番のメリットは、これまで飲み薬や吸入薬での治療が困難だった方も投与できる点です。例えば、自分でなかなか吸入することが出来ない10歳未満の子供や口からの投与が難しい病状が重篤な方でも、点滴なので問題ありません。さらに、タミフルとラピアクタの解熱効果を比較したところ、ラピアクタの方が早く効果が出た、という報告も発表されています。
また、一回の点滴で済むため、飲み忘れなどの心配がないという点や、即効性にすぐれているため、症状を早く取り除きたい場合や、職場や学校に1日でも早く復帰したいという人には、おすすめの薬です。

腎臓内科イメージ

小さなお子様~大人の方まで
インフルエンザ「検査」「治療」
高熱にならない方もいらっしゃいます。
※抗インフルエンザ薬はインフルエンザが発症してから48時間以内に服用する必要がありますので、症状が出たらすぐに診察を受けることをおすすめします。
btn

 

小児科

syouni
予防接種スケジュール
ワクチンはきちんと接種して、子どもをVPDから守りましょう。
では、どのワクチンから受けたらいいのでしょう。それぞれのワクチンによって、接種する年齢や回数などが違うので、わかりにくいですね。
大切な子どもをVPDから守るために、せっかくなら、できるだけベストのタイミングで受けたいものです。

・母子手帳は必ずご持参ください。
・事前予約をお願いしています。

・待ち時間はほとんどありません。

詳しくは、お電話でご確認下さい。
06-6224-3114

0001 (1)当院では小児科診療行っております。小児の各種予防接種は予約制で施行しております。お気軽にお問合せ下さい。