禁煙外来

禁煙にチャレンジしたい方!今まで何度も失敗された方!

まずは当院にご相談下さい。

身体の事で、何か心配事がありましたら、お気軽にご相談下さい。

健康保険適応の方(3割負担)
最初の2週間分のお薬代+診察で、初回4000円前後です。

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

 

新しい治療方法   ニコチンを含まない飲み薬

ニコチンを含まない飲み薬は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくします。1日2回※1、食後に飲みます。
飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目には禁煙を開始します※2
通常、服用期間は12週間です。

  • ※1 1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。
  • ※2 自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ります。

「お医者さんと禁煙」すれば、楽に禁煙することができます。

健康保険等を使った禁煙治療のスケジュール

1、初回診察
2、通院2回目(2週間後)
3、通院3回目(4週間後)
4、通院4回目(8週間後)
5、通院5回目(12週間後)GOAL!

 健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。

禁煙外来で禁煙はじめます! 「禁煙外来」って聞いたことはあるけど、実際、どんなことをするのかわからないという方も少なくないのでは?本サイトでは、マンガでわかりやすく禁煙外来での診療内容をご紹介しています。見れば禁煙を始めたくなるかも?

分かりやすく、診療内容をマンガで紹介。
(こちらをクリックして下さい)

長所

健康保険等で禁煙治療を受けるには

禁煙治療に健康保険等を適用するために必要なことは以下のとおりです。

前回の治療の初回診療日から1年経過していること。
過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。過去に、禁煙治療を行った方で再喫煙をしてしまっても、もう一度の禁煙挑戦をお医者さんは待っています!
健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。
 img-section-2_1 img-section-2_2 img-section-2_3 img-section-2_4
  • ニコチン依存症を診断するテスト5点以上
  • 1日の平均喫煙本数これまでの喫煙年数
    ×200以上
     (※35歳未満の方は必要ありません)
  • 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意している
    (→問診票などに、日付や自分の氏名を書きます。)

厚生労働省保険局医療課長通知 診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について
保医発0305第3号(平成26年3月5日)より改変

禁煙にチャレンジしたい方!今まで何度も失敗された方!

まずは当院にご相談下さい。

身体の事で、何か心配事がありましたら、お気軽にご相談下さい。健康保険適応の方(3割負担)

最初の2週間分のお薬代+診察で、初回4000円前後です。

初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら