タグ別アーカイブ: 大阪

certify-img01

ラシャスリップスでプルプル唇に!

ラシャスリップス取り扱いしています!!

大阪市東成区大今里南:今里ロータリー南東バス停前
地下鉄千日前線・今里筋線「今里駅」4号出口すぐ。  
   
えびすクリニック
06-6224ー3114

ラシャスリップスは、医療機関専売のリップトリートメントです。

0rasya


施設/在宅の訪問診療を大阪/東成区でお探しなら

訪問診療

FotoJet Collage
訪問診療

当院は在宅支援診療所です。
施設/在宅、訪問診療を大阪でお探しなら東成区のえびすクリニックへ
在宅訪問診療を大阪で行っているクリニックです。
24時間365日対応の在宅訪問診療専門のクリニック、 大阪市、中央区・生野区・東成区・天王寺区、東大阪市、高齢者施設・訪問診療の事は、えびすクリニックまでご相談下さい。

通院困難な方はお気軽にご相談下さい。
ご家族や、まわりの方で、お困りの方がいましたら、お気軽にご相談下さい。
在宅医療(訪問診療)とは、具合が悪くなったときだけ医師が診察に伺うものではありません。
お一人で通院が困難な患者様のお宅に、日ごろから医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。
定期訪問に加え、緊急時には365日×24時間体制で対応、必要に応じて臨時往診や入院先の手配などを行います。

img01

訪問診療と往診の違い
訪問診療は、訪問診療・計画的な医学管理のもとに診療します。
往診は、病状の変化などによる患者様・ご家族からの要請により診療します。
緊急時には当院の医師、看護師が責任を持って対応し、必要な場合はしかるべき医療機関・支援病院をご紹介いたします。
訪問回数や診療計画は患者様の症状にあわせて計画いたしますので、詳しくご説明いたします。

 

※当院では、高齢者施設への訪問診療も行っています。
入居者様全員はもちろん、一部の方だけでも訪問診療いたしますので、お気軽にご相談ください。

FotoJet 7Collage

 1. お問い合わせ

30e677d3

まずはお電話でお問い合わせください。
06-6224-3114
現在の症状や状況を簡単にご説明いただきます。
※診療開始をお急ぎの場合、最短で当日から対応いたします。

 2. ご説明・ご相談

ご都合のよろしい日時に、患者さんもしくはご家族様とお会いさせていただき、患者さんの現在の病状をお聞かせいただき、訪問診療の計画や費用などについてご相談させていただきます。
ケアマネージャーさんにご同席いただき、ケアプランに合わせて診療計画を立てることもできます。

 3. 訪問診療開始

計画に沿って、訪問診療を開始します。
診療スケジュールや診療回数は患者様のご病状やご希望に合わせて設定できます。

訪問診療の対象となる方

  • お一人で通院するのが難しい方。
  • 介護サービスを受けておられる方。
  • 高齢で定期的な健康管理が必要な方。
  • 認知症や寝たきりの方。
  • 高血圧、骨粗鬆症などの慢性疾患をお持ちの方。
  • パーキンソン病などの難病をお持ちの方。
  • ご家族の介護で手が離せない方。
  • 最期まで自宅で過ごしたい方。
 

大人気のプラセンタ注射

大人気のプラセンタ注射。

疲労回復・二日酔いにも!!
旅行前や遠出される前に(旅先や移動で疲れません)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地域最安値を目指します。
4A ¥2500  3A ¥2000  2A ¥1500 1A ¥1000

冷え性が解消したり、皮膚の再生サイクルが早くなり、みずみずしいお肌に。
自律神経の調整やアトピーやニキビの改善にも。
睡眠の質が上がったり、精神的にもすごく安定します。

 

プラセンタとは
胎盤のことです。胎盤は胎児が育つのに必要な組織で、多くの栄養素が含まれています。
プラセンタは世界中で古くから滋養強壮・不老長寿に利用され、クレオパトラやマリー・アントワネットも若返りと美容のため使っていたと言われています。最近では、有名タレント・スポーツ選手などが多く取り入れています。プラセンタは新陳代謝を促進・自律神経やホルモンバランスを調整し、免疫力を高めます。

プラセンタ療法の使用例

美容 美白・そばかす・しみ・しわ・くすみ・肌荒れ・そばかす・皮膚の老化防止・コラーゲンの生成
医療 肝疾患・胃潰瘍・貧血・喘息・鼻炎・生理痛・更年期障害・関節痛 ・アトピー性皮膚炎・腰痛・肩こり・創傷治癒促進・自律神経失調症 ・滋養強壮・リウマチ・冷え性・疲労・虚弱 体質・風邪防止

 

更年期障害に対するプラセンタ療法の効果

更年期障害と言うのは、主に40代から50代の女性に起こる心身の不調、不定愁訴です。

不定愁訴(ふていしゅうそ)というとあまり聞きなれない言葉だと思いますが、要は自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れてしまうことで、身体や心のバランスが崩れてしまうことです。

更年期障害の症状には、頭痛やめまい、イラつきや不安感、肩こりや腰痛、ほてりやのぼせといったホットフラッシュなど実にさまざまなものがあり、中には日常生活に支障をきたすほど重く辛い症状が現れることがあります。

この更年期障害を引き起こす原因になるのが加齢による卵巣機能の低下です。卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。さらに、同じ視床下部から命令がでている自律神経にもホルモンバランスの変動が影響を及ぼすため自律神経を乱す原因になります。

女性ホルモンの減少+自律神経失調症=更年期障害というわけです。

女性なら程度の差はあれど、誰もが経験するこの更年期障害ですが、その辛い症状の緩和や軽減に効果を発揮するのがプラセンタを用いたプラセンタ療法です。

具体的に、更年期障害に対するプラセンタ療法がどんなものかというと、メルスモンと呼ばれる更年期障害用といってもいいヒト由来のプラセンタを皮下あるいは筋肉に注射するというのが一般的です。

メルスモンはプランセンタエキスの一つで、加齢によって低下した卵巣の働きを活性化してくれる効果があります。卵巣の働きが活発になり、女性ホルモンのバランスの乱れが整うと同時に自律神経も整うので、心身の不調、不定愁訴も改善することができます。

● ホルモンを調整する内分泌作用
● 自律神経の調整作用

この2つの作用がプラセンタにはあるので更年期障害の治療に用いられる理由です。

更年期障害の治療にプラセンタ療法を行う場合は保険が適用されます。

治療費や治療期間の目安ですが、保険適用の場合、1アンプルあたり500円程度、週1、2回の注射によるプラセンタの投与を3か月を目安に続けていくことになります。

投与するプラセンタの量を増やしたり、減らしたりというのは医師と相談しながら決めることになります。プラセンタ療法はホルモン補充療法や漢方薬といった他の更年期障害の治療と併用できる便利なものです。

 


グルタチオン点滴

最強の美白点滴!!

vcm_s_kf_repr_263x320

 

グルタチオンは、体内に存在するタンパク質で、強い抗酸化作用を現します。
しかし、紫外線や加齢などにより活性酸素が増えると、グルタチオン量は減少します。
定期的にグルタチオンを補充し、美しく透明感のあるお肌と健康な体をキープしましょう!!

グルタチオン点滴の効果

美白だけじゃない!
グルタチオンの驚きの効果!!

  • 紫外線によるメラニン合成を強力に抑制。
  • 過剰な活性酸素を退治し細胞老化を防ぐ。
  • 有害物質を解毒し排出を促進。
  • 原因不明の疲労や倦怠感を改善。
  • パーキンソン病の機能改善と病状進行を遅延。
  • 抗アレルギー作用で湿疹や皮膚炎を改善。

このようなあなたにグルタチオン点滴をオススメします

しみができないように予防したい。
外に出ることが多く、紫外線が気になる。
身体の疲れが寝てもとれず、翌朝残っている。
お酒を飲む機会が多く、お酒が翌日に残るようになった。

キャンペーン価格
¥8000 → ¥4000

access_map


こむら返り・手足のつり

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、古くからある漢方薬で、こむら返り(足がつる)に効果があることで、知られています。しかし、その効果・効能は多岐に渡り、マラソンやトライアスロンの前に服用するといった使い方や、また、不妊治療にも。

o0256025612991376582

芍薬甘草湯の効果・効能

芍薬甘草湯は、芍薬(しゃくやく)と甘草(かんぞう)という2つの生薬を組み合わせることによって、効果が生じる薬です。

特にこむら返り(足がつる)に効くと言われていますが、そもそも、なぜこむら返りが起こるのかといえば、神経伝達に必要な水分やミネラルが不足していることや、疲労、血行不良などが原因と言われています。

芍薬甘草湯に含まれる成分が神経伝達物質に働きかけることで、筋肉の緊張がほぐれ、こむら返りや、その他の痛みなどがほぐれるのです。

芍薬甘草湯は、主に次のような、症状に効果があります。

  • こむら返り(足がつる)
  • 筋肉のけいれん、胃けいれん
  • 腹痛(胃腸の痛みなど)
  • 腰、関節の痛み
  • 坐骨神経痛
  • 脚気(かっけ)など

また、胆石や尿路結石の痛み、生理痛、生理不順の痛みにも効果があり、子宮の筋肉の緊張をやわらげるなど筋肉疲労にも効果・効能もあるようです。さらには「しゃっくり」にも効果があります。

 

マラソンやランニングに対する芍薬甘草湯の効果について

芍薬甘草湯の効能として、こむら返りや筋肉疲労に効果があることについて記載しましたが、マラソンやランニングをすると、筋肉疲労があるのはもちろん、足がつったりする人もいると思います。

マラソンやトライアスロンは当然、筋肉疲労や足がつったりすることがありますので、足がつったときに服用したり、予防的にレースの前に服用したりするそうです。また、マラソン中にも補給する人もいるようです。

運動を開始する30分程度前くらいに服用すると効果があるようです。